社会福祉法人亀鶴会の展開する事業の概要は以下の通りです。

特別養護老人ホーム 神明園(定員120名)

概ね65歳以上で要介護認定を受けている方が入居できる生活施設です。その方にあった日常生活上必要な支援・介護を行うとともに、各種行事等を含めた生活支援サービスを提供します。医療行為については制限があります。

 

ショートステイ 神明園(定員2名)

概ね65歳以上で要介護認定を受けている方を対象に短期の宿泊利用を受け入れます。利用中は特養に準じ、その方にあった日常生活上必要な支援・介護を行うとともに、各種行事等の催し等を含めた生活支援サービスを提供します。予約での利用を基本とします。

地域公益事業 神明園

平成30年10月、大規模災害対策のため地域の高齢者の生活用品を備蓄する防災倉庫“神明台sTorehouse(ストアハウス)”が神明園敷地内に完成。炊き出し設備と飲食スペースを活用し、地域ニーズに応える形で地域における公益的な取組みを開始しています。

本事業推進のため神明園公益的取組み推進委員会を設置し、亀鶴会理事・評議員、神明園職、学識経験者や民生委員で構成されています。現在展開中の事業は以下の通りです。

①中学生向け学習支援型子ども食堂“神明台自習室みらい”

羽村市立羽村第三中学校の考査期間に合わせて自習室を開放しています。“みらい”では利用期間中の食事提供と基本学生ボランティアがいます。

②認知症カフェ“かふぇSUN”

羽村市の認知症カフェの一つとして2ヶ月に1回開催しています。

③コミュニティサロン“はむら屋”

地域との接点の増加、地域ニーズの発掘などを目的に毎月開催しています。過去にお酒、カラーコーディネート、終活などをテーマにした会を開催しました。

④小学生向け創作子ども食堂“考作キッチン”

地消地産として地域の小学生向けに提供される食材を中心に調理を通じ、食に関する生活能力を高める食育を行なっています。月に2回開催しています。

⑤神明園地域防災連絡会

相互援助協定自治会との災害対応体制を合理的に進めるために年4回活動しています。

⑥日本福祉防災楽会

社会福祉法人 恵寿会(グリーンヒルみふね)との防災に関する協働事業を展開する準備を進めています。主に、福祉施設の防災に関する情報の共有や啓発、養成講座、研修会等を実施する。